りっころぐ

おしゃれOLに憧れる、ただのOLのコスメや美容、おしゃれ情報についてなどなど。なんでもあり雑記。

来年の手帳もほぼ日手帳オリジナルにした【2018年版】

 

今更だけれど、来年用にほぼ日手帳オリジナルを購入しました。
ほぼ日手帳が発売した時、ちょうど金欠で、中身だけだしまた後で…と思っていたら、もう12月。
来年の予定かけないやん!と焦ってぽちりました。 

 

わたしがほぼ日手帳と使う理由

手帳にはいくつかの要望があって、それを満たしてくれるのが、ほぼ日手帳だったのです。
以下、私の手帳に対する要望。

・A6サイズであること
 仕事の時はカバン大きいのでいいんだけれど、手帳は基本プライベートのことしか書いてないので、プライベートに持ち歩くにはA6サイズがちょうどよくて、このサイズにはこだわった。

・1日1ページであること
 手帳はメモ且つ日記代わりに使いたいので、1日1ページあるものがよかったんですよね。(そんなに書き込むわけじゃないけれど)振り返って、この時こんなこと書いてたな、とか思い返すのが好きなのです。
 あと、どこにメモったっけ?がこの手帳のどこかにメモった!になるので、ちょっとしたことでも忘れそうなことでもなんでも手帳を見ればわかる!にしたかった。

・カバーなしでも売っていること
 市販のカバーは、私にとって不要な要素が多く(無駄に多いカード入れとか)カバーは母に気に入った記事で作ってもらうつもりだったのでカバー無しで売っていてほしかった。
 あと、市販のカバーってやったら分厚いんですよね。重くなる。そんなぞんざいに扱わないし、ブックカバーレベルのものがいいけど、ないんですよ。なので、母に作ってもらった。

・方眼紙になっていること
 真っ白か方眼紙がよかったのです。気ままに文字を書くので、変にラインがほしくなくて、フリーな感じがよかった。方眼紙なら、文字を綴るときもがったがたにならないし、お絵かきしてるときも邪魔にならないので、ベストだった。

 

 
<PR>

 

ほぼ日手帳のカバーはこだわりのもの

公私関係なく、ほぼ四六時中持ち歩くので、軽いものがよかったので、お裁縫が得意な母にこんな感じのものを作ってとお願いしました。

できたものがこちら。

f:id:koooobe:20171204123908j:image
生地は自分で生地屋さんを巡って気に入ったものを購入してきました。
一応、水にも強そうなラミネート加工の生地にしました。
リバティ柄が可愛い!!いちごやサクランボがちらほらいて可愛いのに、子どもっぽ過ぎないのがお気に入りポイント。
ちゃんとペンがさせるようにペンホルダーも完備!
ペンホルダーにペンをさすと手帳が開かなくなる仕組み。

中はk-ドケースとかいらないのでごくシンプルに、極力薄く!

f:id:koooobe:20171204124002j:image

f:id:koooobe:20171204124009j:image

チケットの半券とかなら、挟めます。
バーでもらうフライヤーとか、ショップカードとかたまに挟んでます。
何気に便利。

今年もいっぱい書くぞ

毎年カバーを変えたい!とか思わないタイプなので、一回作ってもらったこちらがぼろっちくなるまでは使い続けるつもり。
毎日書くわけじゃないけど、毎日持ち歩いてて、ふとした時に書き込む。
もちろん予定もいっぱい書き込むんだけど。
たまに見返して、思い出に浸ってみたり。
デジタルじゃなくて、紙だからこそ、ぱらぱらとめくって懐かしいなあ、なんて。
なんかそういのが好きでずっと紙の手帳を使ってます。

月次ページに予定を書くんだけれど、翌日とかにその日いったお店を記録してて(はしごしまくるので酔ってたらどこ行ったか忘れるから)その数に自分でびびるw
でも、懐かしくって、おもしろくって、こんなことあったな、あそこ行ったなーとか。
年末にでも1年間でいったお店書き出してみようかなー!
それぞれ何回いったとか。通ってるバー年間何回くらいいってるんだろうw
この話はまた別の時にでも。

 

スポンサーリンク