読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっころぐ

おしゃれOLに憧れる、ただのOLのコスメや美容、おしゃれ情報についてなどなど。なんでもあり雑記。

【映画】心が叫びたがってるんだ。(ここさけ) 初日観てきた【感想】

映画・本 口コミ

映画「心が叫びたがってるんだ。」

 
公開初日、観てきましたー!!!
 
f:id:koooobe:20150922082324j:image
 
 
感想一言で
 
「よかった!!超青春!やっぱ超平和バスターズ!!」
 
一言で終わらなかった。
 

ネタバレなしの感想

 
原作が「あの花」の超平和バスターズってことで期待大。
 
全体的には超青春!
ストーリーは割と王道的な感じ。
ただ、ちょいちょい言葉が重いというか、出てくる言葉が子供向けではない。
「あの花」もだけど、ちょっと重いテーマ?がたまにある。
大人向けかなあ。
 
 
主人公の順ちゃんのピュアさにぐっとくる。
てでくるこたちが、みんなピュア。
いい意味でも悪い意味でも。
まあまあ、リアルな高校生っぽくて(最近の高校生ぽさはないけど、、)
若干痛いなーwなんて思う箇所もあるけど、それも含めてきっと青春なんだろうなあ。
 
 
「Over the Rainbow」や「Around The World」とかミュージカルの名曲がちょこちょこ劇中に登場します。
そのメロディにオリジナルの歌詞つけて歌ってたりして、えー?って思ったけど、聞いてるとだんだん良くなってくる。
最後のところなんかはいいなあ、キレイだなあって思った!
 
見るときは音響設備のいい映画館で観ることをお勧めします。
私ももう一回音響設備いいとこで見たい*(^o^)/*
サントラも売ってるようです。

 

「心が叫びたがってるんだ。」オリジナルサウンドトラック

「心が叫びたがってるんだ。」オリジナルサウンドトラック

 

 

劇中歌の歌詞はこちらにまとめました。

 

www.riccolog.com

 

 

 
期待してたなりには素敵な映画でした。
時間が足りないのか多少無理やり詰め込んで走ってる感があるので、3時間とかくらいだったら一番良かったなあと思っちゃいますが、見る価値はあった!
 
痛いなあって箇所とかあるから好みはあるだろうけれど。
 
 

現場の様子

 
見てきたのは、公開初日の19時からの回で、入りはまあまあ。
満員御礼!大ヒットの予感!!っていう感じではなさそう。
 
でも、予約取りに行ったときは、昼の回とかは埋まってました。
お客さんは比較的男の人が多い感じ。
(超平和バスターズの影響?)
男の人も、若い子(高校生?)くらいから社会人まで。
たまに女の子同士とかもいました。
親子連れとかいなかったなあ。
(向けの映画でもないし)
 
主題歌が乃木坂46だから、そのファン的な人も来てたのかな?
待ってる時に、乃木坂の話してる人とかいた。
 
 
 
 
 

以下ネタバレ含む感想。

おしゃべり順ちゃんかわいい。というか、声可愛いいいい。
やっぱ、歌ってる時の声可愛すぎるね。
 
性格的には、まあまあ結構リアルな具合に自己中www
 
順ちゃんがふれ交前日に玉子にあった時は、歌うことも奪われちゃったのかと思った。
んで、あんなに頑張ったのにもう歌えない、ごめんなさいって気持ちで、、ショックでお城(潰れたラブホ)にいるのかと思ったけど、失恋のショックでバックれって。。。。
ちょっとなあ、ないなあと思ってしまった。
にしても、クラスの人らいいやつすぎね。
 
ああやって、クラスのみんなで劇とか必死につくり上げる、なんてこと私も高校の時あったなあ。(文化祭のとき)
たぶん、あのときが私の中の一番青春だった時だと思う。
何か一つのものをみんなでつくり上げる、っていう青春!!
(恋とか、告白とか、そういうキラキラ素敵系はなかったけど。。)
 
 
坂上いいやつなんだけど、間違いなくいいやつなんだけど、残酷だよなあ。
あんな風に優しくされちゃったら、そら惚れますわ。
惚れさしといて(無意識なんだろうけど)別の子が好きってwwwwww
ふぁああああああああ。
順ちゃんつら。
 
 
仁藤はリアル女子。
基本いい子なんだけど、腹の中に本音隠してて、嫉妬とかがぐるぐる渦巻いてる感じ。
リアルだー、、、。
あの坂上と話してる時に感情的になって、感情のまま言葉をどかどかぶつけてるとこもリアル。
二次元女子特有の完璧な感じじゃないのが、好き。
思春期の女子っぽい。
ああ、私にもそんな頃が。。。。あったっけ?w
 
田崎、いいやつ。
最初、最悪とおもったけど、いいやつ。
しかも、ラストシーンかっこいい。
なにあの、さらっと。
「告ってくるわ」って。
あえて、無音告白シーン、好き。
 
結構好きな終わり方。きれい。
 
 
基本的に登場人物みんな下衆というか、黒いというか、腹の中になんかしっか抱え込んでる。
「言いたいことが言えない」
っていうのが登場人物みんなに通じてる。
 
坂上のおじいちゃんおばあちゃんだけはいい人。
 
 
「言葉は刃物」
まさに、、というのをちょびっと実感。
 
親御さんにみてもらいたいな。
順ちゃんとお母さんの関係とか、そこまでいってないにしても何かしらかんがえるものがあるだろうなあ思いました!
 
 
 

映画以外のこと

DVD,Blu-rayが3月30日に発売されましたね!

 amazonだと特典付いてるみたいです。

 

 

サントラ。

劇中歌(歌詞つきで歌ってるやつ)がこの映画多いから、サントラほしい。

結構、好き。

「心が叫びたがってるんだ。」オリジナルサウンドトラック

「心が叫びたがってるんだ。」オリジナルサウンドトラック

 

 

あとは、漫画や小説もでてるのでちょっと興味はあるけど、映画見るまででもないなあって人は、こちらでも。

 

心が叫びたがってるんだ。 1 (裏少年サンデーコミックス)

心が叫びたがってるんだ。 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

小説 心が叫びたがってるんだ。 (小学館文庫)

小説 心が叫びたがってるんだ。 (小学館文庫)

 

 

 

スポンサーリンク